じんましん 治療 一般皮膚科

じんましんの原因

じんましんは、食物が原因になることはよく知られていますが、細菌やウイルス感染なども原因になります。

じんましんは、すべてがアレルギー性とは限らず、皮膚をこすったり、圧迫した所に出たり(物理性じんましん)、温度の変化(温熱、寒冷じんましん)、入浴や運動・精神的緊張などによる発汗(コリン性じんましん)なども原因になります。
また、何週間も続けて繰り返して出没するじんましんの場合には、食物が原因になっている場合はほとんどありません。

約7割以上のじんましんは直接的原因や誘因がはっきりせず、色々な検査をしても原因や誘因を特定出来ないことも多々あります。

じんましんの症状

皮膚の一部が突然に赤く盛り上がり、痒みを伴うのが特徴です。虫さされのように見えますが、通常、十分から数時間以内のうちに消える場合は「じんましん」の可能性が高いといえます。

かいたりすると広がったり、他の場所にも出たりします。時には、次々に新しい皮疹が現れたり消えたりしながら1日中続くこともあります。

症状が出始めてから1ヶ月以内のものが急性じんましん、症状が1ヶ月以上も続くものを慢性じんましんといいます。

じんましんの対策

じんましんの治療で最も大切なことは原因を見つけだすことです。まず、食物などで原因が分かっていれば避けましょう。魚介類や肉類は新鮮なものを食べ、添加物や着色料の少ない食品にすること。
また、ひっかいたり・皮膚への圧迫、運動や入浴など温度刺激や発汗で悪化するなど特定の誘因で出る場合は、これらの誘因を避けることが必要です。

原因のはっきりしない慢性じんましんでは、ストレスや疲労などが原因となり、過敏体質と組み合わさって症状が繰り返されることが多いので、日常生活では疲労やストレスをためないことも大切です。

じんましんの治療

じんましんにはヒスタミンという物質が関係しており、じんましんの種類にかかわらず、この働きを抑える抗ヒスタミン薬の服用が治療の基本です。抗ヒスタミン薬は何種類もあり、人によって効く薬が違ってきます。

また、抗ヒスタミン薬は眠気が起こることがあります。車の運転や危険な仕事をする人は注意が必要です、最近では眠気のほとんど起こらない薬もでていますのでご相談ください。

慢性じんましんでは、長期にわたり薬を飲み続ける必要がありますが、長期連用による影響はほとんどありません。まずは自分に合った薬を見つけることが大切です。

症状に合わせて薬の量を調整しながら徐々に減らしていき、治療を終了させることもできます。

Print this pageEmail this to someoneShare on Google+Share on FacebookTweet about this on Twitter

    川崎市高津区「溝の口駅前皮膚科」

    お問い合わせ:044-712-5030

  • 受付時間:午前10:00~午後1:00/午後3:00~午後6:00
  • 土曜日は午前9:30~午後1:30 ※休診日:金曜・日曜・祝日
QR 診察申込み(順番取り)は、便利なアイコールをご活用ください。

logoスマホ・携帯やパソコンから簡単操作で
当日の診療を受ける順番をお取りいただけます。

  • i-CALL(アイコール)について
  • ※診察申込みをしていない場合でも、直接ご来院いただければ診察は受けられますのでご安心下さい。

    8月17日(木曜日) お気に入り登録 Googleブックマークに登録 Google+

    診療時間のご案内
    10:00〜13:00
    15:00〜18:00
  • ◎土曜日は9:30〜13:30
  • ※休診日:金曜・日曜・祝日
  • ※火・木・土は非常勤の女性医師になり
     ます。
  • ※毎日女性医師が担当いたします。
  • ※受付時間は診療時間15分前からです。
     直接ご来院ください。

  • アクセスマップ
    川崎市高津区「溝の口駅」改札口より当医院までアクセスマップ

    ●東急田園都市線 溝の口駅より 徒歩1分
    ●JR南武線 武蔵溝ノ口駅より 徒歩3分
    溝の口駅より写真付きで表示
    Googleマップで表示