冬のワンポイントアドバイス 冬のワンポイントアドバイス

皮膚科専門医より、冬のワンポイントアドバイス。

乾燥肌の湿疹

冬は空気が乾燥し、加えて暖房などで更に乾燥肌が進みます。
本来は肌が乾燥しやすい高齢者(肌の表面のバリア機能の低下に伴い)に多い病気ですが、最近では若い人にも見られます。

乾燥により、皮膚がかさつきやかゆみが起こり、掻くことで肌の状態が悪化します。
肌の状態が少しも改善されないまま放置し、掻きむしってしまうとその部分がカサカサしたり、赤くなったりして更にかゆみを生じさせるという悪循環を引き起こし、「皮脂欠乏性湿疹」と言う皮膚疾患に進行してしまいます。

皮脂欠乏性湿疹はすねや太もも、腰、脇腹などを中心に強いかゆみが生じ、慢性化して黒ずみの原因にもなります。

【予防】
乾燥肌のうちに対策をする事で湿疹は防げますので、
次のような点に注意しましょう。

○冬のかゆみに対しては、できるだけ皮膚の乾燥を防ぐことが重要です。
保湿剤で乱れた角質を整えて、皮膚の表面に膜を作り外部からの刺激や水分の蒸発を防ぎます。

○熱い湯に長くつかると、必要な皮脂膜や皮脂を取り除き、皮膚の表面を荒れさせる原因となるため避けましょう。
また、体を洗う時は手のひらでやさしく洗うようにし、角質が乱れないようにします。

○衣類は肌を締め付けすぎないものを着用し、化繊など肌を刺激する素材は避けましょう。

○栄養バランスの乱れは、乾燥を悪化させてしまうこともあります。ビタミンやミネラルをバランス良く摂る事が大事です。
また、不規則な食生活も乾燥肌を悪化させる原因となります。

湿疹があらわれた初期段階でステロイド外用剤を使用するなどの対処で、
短期間での治癒が可能となります。お早めにご相談下さい。

冬の手荒れ

冬は気温が低下するため、皮脂の分泌量が減少します。
その結果、肌を守る皮脂膜ができにくく、皮膚の水分が保てなくなり手荒れが生じます。
更に水仕事(お湯や洗剤(合成洗剤)は更に皮脂膜を洗い流しやすい)で、
皮脂膜がはがされ手荒れが悪化します。

1)乾燥により、手の甲や指先にカサカサする症状が現れる

2)カサカサする症状が悪化すると、湿疹や痒みの症状が現れる

3)さらに悪化すると、ひび割れや痛みなどの症状が現れる

【予防】
○手荒れの症状が現れた場合には皮膚の保湿ケア(ハンドクリーム等をぬる)に心掛け、皮膚が乾燥しないようにしましょう。

○水仕事の際はできるだけお湯を使用しないようし、皮膚にやさしい手袋をする。

○使用する洗剤は、合成界面活性剤が含まれていない物を使用し、水仕事の後はよく洗剤を洗い流し、しっかりと手の水分を拭き取る。

○入浴時のシャンプー・リンス等も皮膚に刺激を与えないものを使用する。

○就寝時には保湿用ハンドクリームを塗り、皮膚にやさしい手袋をする。

初期段階の適切な対処で、短期での治癒が可能となります。
また、保湿ケアに関してもご相談下さい。

しもやけ(凍瘡-とうそう)

みみたぶ、手足など、末梢部が寒冷にさらされて、皮膚の血行障害を起こし、皮膚に鬱血(うっけつ)を生じ、しもやけになります。
重症の場合は、水膨れや潰瘍なることもあります、。

【予防】
○寒冷刺激を受けないように外出時は、耳あて、手袋、靴下などで防寒を努めましょう。
また、靴などは血行を妨げさせないものを身につけましょう。

○足は汗をかきやすいので靴下が湿っぽくなります。
湿気のある靴下で寒いところにいると皮膚の温度は急激に低下し、皮膚の血行障害を起こします。湿気を帯びた靴下はとり替えましょう。

○寒冷刺激を受けたあとには手足をマッサージしたり、暖房機器で暖めましょう。

赤みが取れず、かゆみが有ったり、痛みが続く場合はご相談下さい。
かゆみが強いときはかゆみ止めを使用します。治療薬には塗り薬、飲み薬があります。
末梢血管拡張剤(ユベラなど)を投与しますが、びらん面が感染症状があったり、潰瘍を形成している場合は抗生剤を内服します。

sor0021-010

Print this pageEmail this to someoneShare on Google+Share on FacebookTweet about this on Twitter

    川崎市高津区「溝の口駅前皮膚科」

    お問い合わせ:044-712-5030

  • 受付時間:午前10:00~午後1:00/午後3:00~午後6:00
  • 土曜日は午前9:30~午後1:30 ※休診日:金曜・日曜・祝日
QR 診察申込み(順番取り)は、便利なアイコールをご活用ください。

logoスマホ・携帯やパソコンから簡単操作で
当日の診療を受ける順番をお取りいただけます。

  • i-CALL(アイコール)について
  • ※診察申込みをしていない場合でも、直接ご来院いただければ診察は受けられますのでご安心下さい。

    8月24日(木曜日) お気に入り登録 Googleブックマークに登録 Google+

    診療時間のご案内
    10:00〜13:00
    15:00〜18:00
  • ◎土曜日は9:30〜13:30
  • ※休診日:金曜・日曜・祝日
  • ※火・木・土は非常勤の女性医師になり
     ます。
  • ※毎日女性医師が担当いたします。
  • ※受付時間は診療時間15分前からです。
     直接ご来院ください。

  • アクセスマップ
    川崎市高津区「溝の口駅」改札口より当医院までアクセスマップ

    ●東急田園都市線 溝の口駅より 徒歩1分
    ●JR南武線 武蔵溝ノ口駅より 徒歩3分
    溝の口駅より写真付きで表示
    Googleマップで表示