夏のワンポイントアドバイス 夏のワンポイントアドバイス

皮膚科専門医より、この夏のワンポイントアドバイス。

赤ちゃんのあせも

汗腺の数は大人と同じなのに、表面積が小さく、新陳代謝が活発な赤ちゃんはとても汗っかきです。

汗腺の出口が詰まり、汗が皮膚表面に出られず、汗管に溜まってしまい発症します。

特に汗をかきやすい部位、頭・おでこ・首のまわり・背中・わきの下などに出来やすくなります。
あせも対策で大切なのは、肌を清潔に保つ事と保湿です。汗をかいたらなるべく早めに拭き取ってあげてください。

汗をかいたあとの肌は傷つきやすいので、乾いた布でこすらずに、清潔な濡れタオルで軽く抑えるようにふき取ってください。
また汗をシャワーで洗い流すのも効果的です。

軽度の症状(小さな水泡状の白っぽいブツブツ)は、汗をこまめに拭くなど患部を清潔に保つことで自然消滅します。

赤ちゃんの肌は夏でもとても乾燥してますので、入浴後は乳液タイプのローションでしっかりと保湿しましょう。

あせも用の市販薬や、皮膚科受診後に薬を処方された場合は、保湿剤と薬は役割が異りますので、最初に保湿をしてから薬を使用するようにしましょう。

虫さされ

防対策として、野外活動の際には肌を露出しないことが重要です。
また、携帯用蚊取りや、防虫スプレ-などの忌避剤を用いることで、ある程度の防除は可能です。

なお、虫除け剤は、小児に対する使用上の注意点として、

■顔には使用しないこと
■生後6ヶ月未満の乳児には使用しないこと
■2歳未満の幼児では1日1回の使用にとどめること
■2歳以上12歳未満の小児では1日1~3回の使用にとどめること

などがありますので、必要に応じて適切に使ってください。

サンスクリーン(日焼け止め)について

日焼け止め(サンスクリーン)
皮膚に当たる紫外線をブロックすることによって、日焼けや皮膚の老化を予防します。

紫外線防止を目的とするサンスクリーンには、その効きめの指標としてSPFとかPAがあります。

SPFとは紫外線B(皮膚炎をおこし赤くなる)から皮膚を守る強さの事で、
簡単にいいますとSPF20というのはサンスクリーンをつけると、
つけない時に比べて同程度に日焼けするのに20倍時間がかかるという意味になり、
素肌で日に当たると30分で日焼けがおきる場合、
SPF20のサンスクリーンを便うと日焼けするまでに600分かかり、10時間有効だといえます。

SPFは最近100以上のものも出てきていますが、30以上あればさほど効果に違いは無いと言われています。

PAとは紫外線A(皮膚を黒くする)から皮膚を守る強さで(+)~(+++)で表示されます。最近ではこの両方の表示をするように指導されてきています。

白い皮膚を保ちたい時は紫外線AとBの両方を防止するものを使いましょう。

sor0021-009

夏に関連したページ

はじめての方へよくあるご質問
Print this pageEmail this to someoneShare on Google+Share on FacebookTweet about this on Twitter

    川崎市高津区「溝の口駅前皮膚科」

    お問い合わせ:044-712-5030

  • 受付時間:午前10:00~午後1:00/午後3:00~午後6:00
  • 土曜日は午前9:30~午後1:30 ※休診日:金曜・日曜・祝日
QR 診察申込み(順番取り)は、便利なアイコールをご活用ください。

logoスマホ・携帯やパソコンから簡単操作で
当日の診療を受ける順番をお取りいただけます。

  • i-CALL(アイコール)について
  • ※診察申込みをしていない場合でも、直接ご来院いただければ診察は受けられますのでご安心下さい。

    8月24日(木曜日) お気に入り登録 Googleブックマークに登録 Google+

    診療時間のご案内
    10:00〜13:00
    15:00〜18:00
  • ◎土曜日は9:30〜13:30
  • ※休診日:金曜・日曜・祝日
  • ※火・木・土は非常勤の女性医師になり
     ます。
  • ※毎日女性医師が担当いたします。
  • ※受付時間は診療時間15分前からです。
     直接ご来院ください。

  • アクセスマップ
    川崎市高津区「溝の口駅」改札口より当医院までアクセスマップ

    ●東急田園都市線 溝の口駅より 徒歩1分
    ●JR南武線 武蔵溝ノ口駅より 徒歩3分
    溝の口駅より写真付きで表示
    Googleマップで表示