ピル

ピルがニキビ治療・肌荒れに効果的!おすすめ種類と治療方法を解説

にきびの治療に皮膚科でもなかなか治らない場合、避妊目的の低用量ピルを利用することで効果が期待できます。

今回は低用量ピルとニキビへの効果について解説します。

ピルのオンライン処方なら
クリニックフォア

画像出典:公式サイト

ここだけチェック♪
3つのおすすめポイント

  1. 来院不要でWebで診察からピルの処方まで完結!
  2. 定期便15%オフ!再診や面倒な手続きもなし
  3. 最短翌日にピルが届くスピード配送
    ※エリア・診療時間による

ピルでニキビ・肌荒れをケアできる理由

病院での医師の処方が必要なピルは、生理不順の改善や生理痛の軽減などのいろいろな目的で利用されていますが、ニキビのケアにも効果が期待できます。

ここでは、ピルのメカニズムがニキビケアにどうかかわるのかについて解説します。

①黄体ホルモンの上昇を抑える効果がある

ピルは、ニキビの原因となる黄体ホルモンや卵巣・副腎由来の男性ホルモン分泌を抑える効果があります。この作用こそ、ピルがニキビケアに有効とされている理由です。

黄体ホルモンには皮脂の分泌を促進する効果があります。黄体ホルモンの分泌量が増えると、顔が脂っぽくなったり、毛穴がつまりやすくなったりして、ニキビなど肌トラブルの増加につながります。特に生理前になると、黄体ホルモンの分泌が盛んになり、よりニキビができやすい状態に。

ピルを飲むことで、生理前に黄体ホルモンの分泌量が急激に増えることを抑えることができます。結果として、ニキビができにくい環境を保ち、ニキビの改善と予防の効果が期待できるということです。

②女性ホルモンが皮脂の分泌を抑える効果がある

男性ホルモンであるアンドロゲンには、皮脂を過剰に分泌する作用があります。そのため、アンドロゲンの分泌が肌のバランスを崩し、ニキビの原因になることが多くみられます。

ニキビ治療に利用されるピルには、「エストロゲン」「プロゲステロン」の2種類の女性ホルモンが多く含まれており、そのうちのエストロゲンは、皮脂の分泌を抑える効果があります。

また、エストロゲンには保水作用があり、肌が乾燥しにくくなる効果も期待できます。

ピルを服用することで、アンドロゲンの皮脂分泌作用を抑えつつ、エストロゲンが肌の状態を整えることで、ニキビができにくい状態を保てるようになります。
これが、ピルを使ったニキビ治療のメカニズムです。

ニキビ治療に処方されるピルの種類

基本的に、ピルには多くの種類があります。しかし、どのピルでもよいというわけではありません。

ホルモンの配合量や組み合わせによって、皮脂の分泌を抑える効果が期待できるものに注目したいと思います。

マーベロン

低用量ピルの中で、特にニキビサポート効果が期待できる薬剤がマーベロンです。

黄体ホルモンの乱れや男性ホルモンが原因で、ニキビなどによる肌荒れを起こしているケースといった、生理前の深刻な大人ニキビに効果的です。

マーベロンには「デソゲストレル」という黄体ホルモンが含まれており、男性ホルモンの影響を抑える効果があります。その結果、皮脂の過剰分泌を防ぎ、ニキビ肌の治療に効果を発揮します。

マーベロンは、含まれているホルモンの量が少ないので、副作用が起こりにくいとされていますが、まれに副作用が起きる人もいます。

主な副作用として挙げられるのが、吐き気、頭痛、めまい、不正出血、乳房の張りなど。マーベロンを2~3シートほど飲み続け、ホルモンバランスが緩やかになることで落ち着くことがほとんどです。

参考文献:低用量経口避妊薬(OC)の医師向け情報提供資料

ファボワール

ファボワールは、先ほど紹介したマーベロンのジェネリック医薬品(後発品)です。

実薬に含まれる有効成分の種類や量は、先発品のマーベロンと全く同じ。ニキビ治療のメカニズムや効果も変わりません。

違いがあるとすれば、1シートあたりの価格です。

ピルによるニキビ治療は保険が適用されない自由診療に分類されます。少しでも費用を抑えながらニキビを改善したい人は、医師に相談してジェネリック医薬品を処方してもらうといいでしょう。

クリニックによっては、ジェネリック医薬品の取り扱いがない場合もあるため、事前に問い合わせておくのがおすすめです。

参考文献:低用量経口避妊薬(OC)の医師向け情報提供資料

ヤーズフレックス

ヤーズフレックスは、国内承認済みのピルの中では一番新しい薬剤です。本来は子宮内膜症や月経困難症の治療に使われる超低用量ピルで、ニキビ肌の治療にも効果があるとされています。

含まれるホルモン量が少ないため、個人差はありますが、卵胞ホルモンによる吐き気や頭痛などの副作用が起きにくいのが特徴です。また、ヤーズフレックスには利尿作用があるのでむくみにくいメリットもあります。

最大120日間の連続服用が可能で、将来的に生理の回数を年に3~4回程度に抑えることもできます。生理痛がひどい人や、生理の負担を減らしたい人の肌荒れ対策としても有効です。

ただし、月経困難症などの疾患があれば保険適用で服用できますが、ニキビ治療のみでの服用では自由診療となります。保険が適用かどうかは医師の診察で判断してもらいましょう。

参考文献:低用量経口避妊薬(OC)の医師向け情報提供資料

ピルでニキビ・肌荒れが悪化したり増えたりすることはある?

ピルにはニキビの改善効果が期待ができますが、思うように作用しない場合もあります。

ホルモンバランスの乱れがニキビの原因になるのですが、それ以外にもストレスや寝不足による肌の再生循環機能の遅れなどいろいろな原因があります。

ピルによっては、男性ホルモンを活性化させることがある

治療には低用量のピルが効果的とされていますが、ニキビによっては悪化してしまうこともあります。

低用量ピルはさまざまな種類があり、ホルモンの配合量や男性ホルモンを活性化させてしまうものを服用すると、かえってニキビができやすくなってしまいます。

ニキビができやすくなってしまったら、医師に低用量のピルの種類について相談してみるといいでしょう。

参考文献:緊急避妊法の適正使用に関する指針 (平成 28 年度改訂版)

ピルのニキビ治療の効果が出るのはいつから?

ピルのニキビ治療の効果が感じられるのは、服用開始からおおむね2~3か月経った頃。ピルの副作用が落ち着き、体がホルモンバランスに慣れた頃とされています。

それまでの期間中は、ホルモンバランスの変化で肌荒れやニキビが出来てしまうことがあります。しかし、ピルを忘れずに飲み続けることで落ち着いてくることがほとんどです。

いずれにしろ、飲んで数日で改善するような即効性はありません。毎日継続してピルを服用することでホルモンバランスが整い、皮脂の分泌を抑えられていくのを待ちましょう。

ただ、何カ月もピルを飲んでいて肌の状態が落ち着かないようであれば、今飲んでいるピルとの相性が悪いことも考えられるため、処方した医師に相談してみましょう。

ホルモンバランス以外にニキビの原因がある

ピルを飲み忘れず正しく服用していても、ニキビを完全になくせるとは限りません。

ホルモンバランスが原因でニキビができた場合は、ピルを飲み続けることで改善効果が期待できます。しかし、ニキビ肌の理由がホルモンバランス以外の要因にあるケースも多いものです。

また、ピルをやめたらニキビが再発したという経験がある人の中には、日々の生活スタイルに原因があることも多くみられます。

ニキビ肌は、紫外線などの外的ストレスに加え、忙しい毎日の中で積もり積もった精神的ストレスが原因になることもあります。
思い当たることがある人は、ピルだけに頼らず、普段生活から見直してみることも大切です。

  • できるだけ規則正しい生活を心がける
  • ストレス発散の時間を毎週設ける
  • プロによる肌診断を受けて、日々のスキンケアを見直す
  • 季節を問わず、UVケアを徹底する

今日からできることを考えて、毎日コツコツ積み重ねていくことが重要です。

ニキビ肌のピル処方は
気軽に相談できるオンライン診療を利用しよう

ピルを処方してくれるクリニックは、婦人科と一部の美容皮膚科のみです。まだかかりつけ医を見つけていない人は、自宅からスマホで診察してもらえるオンライン診療がおすすめ。

ニキビのケアにピルを使いたい場合には、最初に必ず医師の診察が必要になります。
また、ピルの服用を始めた後で副作用が出て心配になったり、ニキビがあまり良くならなくて不安になることもあるでしょう。

オンライン診療は予約できる時間帯が長く、診察枠も多く用意されているため、初診・再診ともに予約しやすいメリットがあります。

さらに、取り扱っているピルは国産の正規品で、様々な種類のピルを取り揃えているクリニックがほとんど。最初に処方されたピルが合わなかった場合も、気軽に相談して他の種類のピルに変更することができます

生理やスキンケアは、女性にとって長く付き合うことになるものです。
オンライン診療を活用し、困った時に頼れる専門家を早いうちから見つけておくことをおすすめします。

ピルのおすすめオンライン
診療クリニック3選

アドバイス
処方されるピルの効果はどのクリニックでも同じです。毎月続けるものだからこそ、値段が安く・サポートが充実している人気上位のサイトから購入するのをオススメします

 
名称 クリニックフォア ピル

スマルナ

ケイレディースクリニック
1ヶ月分料金  2,783円〜 4,300円〜

3,300円〜
別途、診察料として1000~3000円

予約
診察
予約:Webで24時間OK
診察:365日対応
予約:アプリで24時間OK

平日・土日
11:00-12:30 / 14:30-18:30

取扱
ピル
低用量ピル 8種類
中用量ピル 1種類
アフターピル 2種類
低用量ピル:2種類 記載無し
定期便 定期便制度あり
定期便なら15%OFFでお届け
定期便制度あり なし
診察 電話診察・ビデオ診察両方に対応
(自由に指定可能)
ビデオ診察
チャット診察
アプリのダウンロード&会員登録後にビデオ診察・チャット診察
詳細

詳細はコチラ

詳細

詳細

※税込価格

《CMも放送!オンラインピル処方なら》
クリフォア(クリニックフォア )

★電話での診察OK・スピード対応!お得な定期便で安い◎

出典:クリニックフォア

ここだけチェック♪
3つのおすすめポイント

  1. 来院不要でWebで診察からピルの処方まで完結!
  2. 定期便15%オフ!再診や面倒な手続きもなし
  3. 最短翌日にピルが届くスピード配送
    ※エリア・診療時間による

\満足度95%!絶賛CM放映中♪/

クリニックフォアの特徴

クリニックフォアは、初めてピルを買う人、既に他院で定期購入している人にもおすすめできるクリニック
ピル処方実績は月間2万件を超えの安心感に、診察は電話診察・ビデオ診察の両方に対応しており、時短で診察を済ませたい方は電話診察を希望すれば最短1~2分でピルを処方してもらえます。

クリニックフォアの魅力

避妊目的だけでなく、旅行に合わせた一時的な生理日移動や、ニキビ軽減を目的とした美容ピル処方等など一人ひとりにあわせたピルを処方してくれます。

また、ピルの服用を始めたあとの体調変化やなにか困った時もいつでも医師に相談でき、 多くの医師・看護師が在籍しているので、ピルの服用がはじめて不安な方にも安心です。

「ピルを始めたいけど怖い・不安」
と感じている人も、クリニックフォアなら経験豊富な女医の先生が親身に相談にのってくれるので、まずは気軽に相談してみましょう。

公式サイトで詳細を見る

クリニックフォアのピル料金・メニュー

種類 価格(税込)
初診料

1,650円

再診料 1,650円
前回の診察から
1年以内は再診必要なし
1シート費用 2,783円(税込)
配送料 550円
低用量ピル 2,783円〜
中容量ピル 5,478円〜
アフターピル 12,100円〜

詳細を見る

実際にクリフォアを使ったレビューはコチラ

クリフォア(クリニックフォア)のピルの口コミ・評判を徹底調査!話題のオンライン診療を実際に体験【CM放映中!】

アプリで診察の「スマルナ」

元祖、ピルの処方アプリ

出典:公式サイト

予約・診察 予約:アプリで24時間OK
取り扱いピル 低用量ピル 7種類
料金 4,378円(税込)〜
おすすめな人 アプリでいつでもピルの処方を受けたい人

スマルナのおすすめポイント

スマルナはお手持ちのスマートフォンを通していつでもどこでも医師の診察・専門家の相談を受け、ピルの処方を受けられるアプリです。
「元祖、ピルの処方アプリ」で、ダウンロード実績・利用数実績ともに多く、安心して利用できます。

頑張る女性を応援したいという思いから作られた女性向けアプリになっており、アプリの親しみやすさ、使いやすさには非常に気が配られています。
自分の空いている時間に医師に相談・診察を受けられるのがメリットです。

公式サイトをみる


※スマルナは日本全国の医療機関とユーザーをマッチングさせるアプリのため、スマルナ自体がピルを処方・販売しているわけではありません。実際の診察などはアプリに登録する医師の判断によります

忙しい女性のための婦人科
「ケイ・レディースクリニック」

確かな実績を積んだクリニックで受診・処方

 

出典:公式サイト

予約・診察 平日・土日
11:00-12:30 / 14:30-18:30
取り扱いピル 低用量ピル 2種類
料金 3,300円(税込)〜
別途、診察料として1000~3000円
おすすめな人 婦人科分野で実績のある病院がいい人

ケイ・レディースクリニックのおすすめポイント

ケイレディースクリニックの特徴は、その名の忙しい女性のためのクリニックであること。
ニキビ、お肌の悩み、月経不順や月経痛から婦人科健診まで女性に起こりがちなトラブルを全面的にサポートしてくれます
低用量ピルの便利な活用方法はもちろんですが、副作用についても詳しく話をしながら処方を進めてくれるので、万が一のときにも安心です。

公式サイトをみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA