ピル

ピル服用中に生理がきたのはなぜ? 消退出血と不正出血の違い

ピル服用中の休薬期間には消退出血といわれる生理があり、ピルを服用していて休薬期間を設けているのであればくるものです。

しかし、ピル服用中には休薬期間以外に生理がくる「不正出血」がみられ、いくつか原因が疑われます。

ここでは、ピル服用中の消退出血と不正出血の違いについて説明します。

※2022年8月16日情報調査日 ※2022年8月16日更新日

ピルのオンライン処方なら
クリニックフォア

画像出典:公式サイト

ここだけチェック♪
3つのおすすめポイント

  1. 来院不要でWebで診察からピルの処方まで完結!
  2. 定期便15%オフ!再診や面倒な手続きもなし
  3. 最短翌日にピルが届くスピード配送
    ※エリア・診療時間による

ピルの服用中の生理は消退出血か不正出血

ピルの服用中の生理は、消退出血と不正出血のどちらかになります。休薬期間中であれば消退出血、それ以外であれば不正出血です。

不正出血とは、ホルモンの異常、性器から(生理以外で)出血することです。不正出血の場合、いくつか原因が疑われます。

場合によっては診察のうえ治療を受けなければいけないこともあるため、注意が必要です。

参考文献:日本産婦人科学会

休薬期間に生理が来たら消退出血

ピルは1周期28日間となっており、そのうち7日間が休薬期間です。休薬期間に卵巣、子宮を機能させることで、健康な状態が維持されます。

ピルをきちんと服用していれば、休薬期間中でも排卵は起こらないため、黄体ホルモンを内服していないことで妊娠はしないといえます。

ただし、ピルの飲み忘れや飲む時間のずれなどによって、避妊率が低くなっていると妊娠の可能性が高まります。

この休薬期間中の消退出血は、ピルの服用をストップして2~3日目に起こり数日間続きます。

普通の生理に比較すると、出血量が少なく、人によっては出血期間が短いことがあります。

休薬期間中に生理が来ないと、妊娠しているかもしれないので、妊娠検査をしましょう。

休薬期間以外は不正出血の可能性がある

ピルには黄体ホルモンが含まれており、服用することで排卵が抑えられ、避妊効果などが得られます。

そのため、服用中は卵子も育ちません。休薬期間であっても、卵子が育っていないため排卵もできないまま、子宮内膜が剥がれ落ち、生理同様に出血します。

休薬期間外は消退出血ではなく、予期しない不正出血の可能性があり、場合によってはできるだけすぐに病院を受診しなければならないこともあるため、注意が必要です。

ピルの服用中の不正出血の原因3選

休薬期間以外の不正出血では、ピルの副作用として不正出血がみられますが、けっして珍しいことではなく心配もいりません。

他には、ピルの飲み忘れによる消退出血が原因のこともあります。

特に、飲み忘れがないのにもかかわらず、普段の生理と同じくらいかそれ以上の出血や腹痛がある場合は、医師の診察を受けたほうがいいでしょう。

飲み忘れによる消退出血の可能性 ⇒ ピルの副作用による可能性

ピルの副作用による不正出血はピルの服用を始めた女性のおよそ20%にみられるといわれているため、それほど珍しいことではありません。

黄体ホルモンを内服することでホルモンバランスが崩れるからだと考えられています。ピルの服用を継続することで、不正出血はみられなくなっていきます。

ですが、不正出血を繰り返したり、出血量が多かったり、腹痛をともなうようであれば、病院で診察を受けたほうがいいでしょう。

場合によっては、処方するピルの種類を変更することもあります。

参考文献:日本産婦人科学会

子宮内膜症・子宮筋腫などの病気の可能性

女性の不正出血はピルの服用以外にも原因が考えられます。

炎症による萎縮性腟炎、子宮内膜炎、ホルモン異常による卵巣機能不全。

さらに子宮内のポリープ、子宮筋腫などの良性腫瘍、他にも卵巣腫瘍、子宮肉腫などの悪性腫瘍が原因としてあげられます。

場合によってはピルを服用できなかったり、早期治療が必要だったりするため、ピルを処方された病院に相談するようにしましょう。

参考文献:日本産婦人科学会

妊娠の可能性

妊娠初期に着床出血がみられることがあり、出血のタイミングが生理日に該当するため、生理がきたと勘違いする女性もいます。

着床出血は子宮内に受精卵が着床するとき、子宮内膜が傷付くことで起きます。

ですが、普通の生理と比較すると、生理期間が1~2日、長くても3~4日程度と短く出血量も少ないのが特徴です。

とはいえ、着床出血は妊娠したすべての女性に起こるものではありません。割合としては4人に1人以下といわれています。

不正出血したから妊娠したとは言い切れませんが、ピル服用中の不正出血が妊娠によるものである可能性があるといえるでしょう。

ピル服用中の生理は見極めて相談を

ピル服用中の生理は休薬期間中であれば消退出血ですが、それ以外のタイミングであれば不正出血が疑われます。

ピル服用初期の副作用として不正出血があり、服用を続けることでなくなります。

飲み忘れによる消退出血、妊娠による着床出血ということもあります。

そのため、出血が長引いたり、出血量が多かったり、腹痛をともなったりする場合は、病院を受診するようにしましょう。

ピルのおすすめオンライン
診療クリニック3選

アドバイス
処方されるピルの効果はどのクリニックでも同じです。毎月続けるものだからこそ、値段が安く・サポートが充実している人気上位のサイトから購入するのをオススメします

 
名称 クリニックフォア ピル

スマルナ

ケイレディースクリニック
1ヶ月分料金  2,783円〜 4,300円〜

3,300円〜
別途、診察料として1000~3000円

予約
診察
予約:Webで24時間OK
診察:365日対応
予約:アプリで24時間OK

平日・土日
11:00-12:30 / 14:30-18:30

取扱
ピル
低用量ピル 8種類
中用量ピル 1種類
アフターピル 2種類
低用量ピル:2種類 記載無し
定期便 定期便制度あり
定期便なら15%OFFでお届け
定期便制度あり なし
診察 電話診察・ビデオ診察両方に対応
(自由に指定可能)
ビデオ診察
チャット診察
アプリのダウンロード&会員登録後にビデオ診察・チャット診察
詳細

詳細はコチラ

詳細

詳細

※税込価格

《CMも放送!オンラインピル処方なら》
クリフォア(クリニックフォア )

★電話での診察OK・スピード対応!お得な定期便で安い◎

出典:クリニックフォア

ここだけチェック♪
3つのおすすめポイント

  1. 来院不要でWebで診察からピルの処方まで完結!
  2. 定期便15%オフ!再診や面倒な手続きもなし
  3. 最短翌日にピルが届くスピード配送
    ※エリア・診療時間による

\満足度95%!絶賛CM放映中♪/

クリニックフォアの特徴

クリニックフォアは、初めてピルを買う人、既に他院で定期購入している人にもおすすめできるクリニック
ピル処方実績は月間2万件を超えの安心感に、診察は電話診察・ビデオ診察の両方に対応しており、時短で診察を済ませたい方は電話診察を希望すれば最短1~2分でピルを処方してもらえます。

クリニックフォアの魅力

避妊目的だけでなく、旅行に合わせた一時的な生理日移動や、ニキビ軽減を目的とした美容ピル処方等など一人ひとりにあわせたピルを処方してくれます。

また、ピルの服用を始めたあとの体調変化やなにか困った時もいつでも医師に相談でき、 多くの医師・看護師が在籍しているので、ピルの服用がはじめて不安な方にも安心です。

「ピルを始めたいけど怖い・不安」
と感じている人も、クリニックフォアなら経験豊富な女医の先生が親身に相談にのってくれるので、まずは気軽に相談してみましょう。

公式サイトで詳細を見る

クリニックフォアのピル料金・メニュー

種類 価格(税込)
初診料

1,650円

再診料 1,650円
前回の診察から
1年以内は再診必要なし
1シート費用 2,783円(税込)
配送料 550円
低用量ピル 2,783円〜
中容量ピル 5,478円〜
アフターピル 12,100円〜

詳細を見る

実際にクリフォアを使ったレビューはコチラ

クリフォア(クリニックフォア)のピルの口コミ・評判を徹底調査!話題のオンライン診療を実際に体験【CM放映中!】

アプリで診察の「スマルナ」

元祖、ピルの処方アプリ

出典:公式サイト

予約・診察 予約:アプリで24時間OK
取り扱いピル 低用量ピル 7種類
料金 4,378円(税込)〜
おすすめな人 アプリでいつでもピルの処方を受けたい人

スマルナのおすすめポイント

スマルナはお手持ちのスマートフォンを通していつでもどこでも医師の診察・専門家の相談を受け、ピルの処方を受けられるアプリです。
「元祖、ピルの処方アプリ」で、ダウンロード実績・利用数実績ともに多く、安心して利用できます。

頑張る女性を応援したいという思いから作られた女性向けアプリになっており、アプリの親しみやすさ、使いやすさには非常に気が配られています。
自分の空いている時間に医師に相談・診察を受けられるのがメリットです。

公式サイトをみる


※スマルナは日本全国の医療機関とユーザーをマッチングさせるアプリのため、スマルナ自体がピルを処方・販売しているわけではありません。実際の診察などはアプリに登録する医師の判断によります

忙しい女性のための婦人科
「ケイ・レディースクリニック」

確かな実績を積んだクリニックで受診・処方

 

出典:公式サイト

予約・診察 平日・土日
11:00-12:30 / 14:30-18:30
取り扱いピル 低用量ピル 2種類
料金 3,300円(税込)〜
別途、診察料として1000~3000円
おすすめな人 婦人科分野で実績のある病院がいい人

ケイ・レディースクリニックのおすすめポイント

ケイレディースクリニックの特徴は、その名の忙しい女性のためのクリニックであること。
ニキビ、お肌の悩み、月経不順や月経痛から婦人科健診まで女性に起こりがちなトラブルを全面的にサポートしてくれます
低用量ピルの便利な活用方法はもちろんですが、副作用についても詳しく話をしながら処方を進めてくれるので、万が一のときにも安心です。

公式サイトをみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA